アーサナ(Asana)

Asana(アーサナ)

アーサナとは、簡単に言えば様々なポーズのことです。
しかし、ここではもう少し詳しくアーサナについて見ていきます。

パタンジャリのヨガ・スートラには、ヨガのアーサナに関して簡潔な定義が示されています。
それは、”ゆったりし安定した姿勢”ということです。 このことから、いろんなアーサナ(ポーズ)をやるときに大切なのは、まずはリラックスし楽な姿勢で、そしてしっかりした形を維持することになるでしょう。

こうした方法でアーサナに取り組むことで、メディテーションのときに、長時間1つの姿勢でしっかり座ることができるようになります。

また、アーサナはエネルギーのチャンネルと精神的な中心部分を開くといった働きがあるといわれています。 アーサナにより、体をコントロールすることができるようになると、心とエネルギーをも制御できるようになります。 そして、ヨガのアーサナはより高次の意識へとつながる道具になります。

ヨガの経典によれば、元々は8,400,000ものアーサナがあったと言われています。
しかし、偉大なリシやヨギたちによって、今日知られているように、数百へと数が減らされました。

ヨガ・アーサナと動物のポーズ
ヨガのアーサナには、動物の名前がつけられていることが多くあります。 これは、偉大なリシたちが動物の動きを観察することにより、どのように彼ら動物たちが、周りの環境や自身の体と調和させて生きているかを理解したからです。 動物の動きを真似ることで、健康を維持することができ、そして自然に対応することができることがわかったのです。

ヨガ・アーサナとプラーナ
プラーナとは、生命エネルギーであり、私たちの体全体に行き渡っています。 
体が堅いのは、プラーナがブロックされており、毒素が溜まっているからだと考えられています。 プラーナが流れ始めると、毒素が取り除かれ、体全体が健康になっていきます。

体が柔軟になるにつれ、とてもできそうにないポーズが簡単にできるようになり、安定性と動きの優雅さが開発されます。

ヨガ・アーサナと心と体のつながり
心と体は別々のものではありません。 
アーサナを行うことで、心と体を一体化し調和させます。 心と体はどちらも緊張を内に秘めています。 あらゆる心の緊張は肉体的なものと対応しています。 同じようにあらゆる肉体的緊張は心のものと対応しています。

アーサナを行う1つの目的は、それらの緊張をほぐすことです。 ヨガのアーサナを行うことで肉体レベルでそれらをを扱い、心の緊張をといていきます。 体から心へ・・・。
例えば、心の緊張や抑圧は、肺の機能を弱め、呼吸のプロセスを阻害し、結果として喘息といった消耗性疾患へとつながっていきます。 体を動かすアーサナを行うことで、心をリラックスさせこうした体への悪影響を少なくしていきます。

規則的なアーサナの訓練は体を良い状態に維持し健康を増進します。 さらに眠っていた潜在的なエネルギーを目覚めさせ、人生のあらゆる場面で、自信をもって生きていくことができるでしょう。

ヨガ・アーサナとエクササイズ
ヨガのアーサナは、エクササイズの1種と考えれられることもあるようです。 しかし、アーサナはエクササイズではありません。 それは、意識を拡大し、リラックスし、そして集中力を養う肉体的な技術ということができます。 さらに、アーサナはプラーナの流れを良くしたり、内臓を刺激しマッサージすることで健康的な体を作り上げます。

ヨガのアーサナは、エクササイズではありませんが、それと補完的な関係にあります。 エクササイズは適切な負荷を体に与えます。 そうしないと筋力が落ち、骨が弱くなり、さらに酸素を吸収する能力が減少します。

ヨガアーサナとエクササイズの違いについて、アーサナを行ったときには呼吸と代謝速度がゆっくりとなり、酸素の消費が弱まり体温が低くなります。 一方で、エクササイズでは、呼吸と代謝速度が上がり、酸素の消費が大きくなり、体温が上がります。

ヨガのポーズは、代謝(異化)を弱める傾向があり、エクササイズは代謝を促進します。 代謝が進むということは良いことのように感じるかもしれませんが、それは老化が進むとも考えられます。 若いときは成長だったものが、大人になってからは老化となります。  もし人間を冷凍保存したとしたら代謝は起こりません、したがって何年でもその状態のままです。 月日が過ぎても若いままです。

ヨガとエクササイズの大きな違いは、ヨガが代謝を抑制する(若さを保つ)のに対して、エクササイズは代謝を促進する(老化する)方向へ進むということです。 最近エクササイズ的なヨガが増えてきていますが、それは本来のヨガから遠ざかっていくものかもしれません。

さらに、ヨガのアーサナは体の腺や内臓に特別な効果があり、神経系においては電気化学反応をかえるように設計されています。



 少人数(6−8名)でしっかり本来のヨガを学ぶ!



ヨガ・フィロソフィへ

<ヨガインストラクター養成TOP>

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」HOME