間違った選択をしない!
インターネットの情報の読み方

インターネットには、様々な情報があふれています。

皆さんもネット検索などでたくさんの情報を目にしているでしょう。

しかし・・・

どれが本当なのか、本当でないのかよくわからないことが多いです。。。

もし、ウソの情報を信じてしまい、選択を誤ったとしたら・・・
せっかくのチャンスを逃してしまったら・・・

そうならないために、
インタネットの情報の読み方をご紹介します。


<情報の分類>
まず最初に私たちがすべきことは、
その情報を分類することです。

ほとんどの人は、すべての情報を一緒にして考えています!
それでは正しい判断はむずかしい・・・

ゴミの分別を考えていただければわかりやすいですね。
燃えるごみ、不燃ごみ、缶やビンなど分類するのです。

情報の分類の仕方は・・・

@1次情報(信頼度が高い): 直接、自分が確かめたもの
   例えばお店に行き、直接商品を手にして、
  自分で感じた情報がこれにあたります。

A2次情報(1次情報より信頼度が低い): 直接ではなく、誰かを通してえたもの
インターネットの情報や、テレビ・新聞・雑誌などの情報

B3次情報(信頼度がかなり低い): 2次情報の中で匿名のもの
インターネットには数多くの匿名の情報があります。
これはら、2次情報よりもさらに信頼レベルが低い3次情報と言えるでしょう。


映画監督でもある押井守さんは
「コミュニケーションは、要らない」という本の中で以下のようなことを言っています。

「インターネットの中に、多くの人が集まる映画のレビューサイトがあったとしても、それは成熟した批評空間とはほど遠い。 単なる好き嫌いと気分を吐き散らした独り言でしかない感想文が溢れかえっているだけだ。」

インターネットの書き込みサイトを読んだことがありますが、
途中で気分が悪くなりました。
なぜなんだろうと思っていましたが、
あれはただ単なるいろんな人の”好き”か”嫌い”といった気分が
吐き散らかしてあるだけのゴミのようなものだった・・・
ゴミをたくさん見せられると確かに気分が悪くなります。


<正しい選択のために>

正しい選択のためには、
2次や3次情報に惑わされず
1次情報の量を増やすということです。

2次情報や3次情報に惑わされると
正しい選択はできません。

※特に発信者が誰かわからない匿名の3次情報に惑わされていては
 時間を無駄にするだけ・・・。

 匿名の情報は見ないほうが賢明でしょう。

 もし、気になるようでしたら、その内容が
 本当かどうか確認することを必ずやるべきです!

大きな機会(チャンス)を失くすことないように!

もし、2次情報や3次情報により
あなたの選択が影響を受けているなら
直接、それが本当かどうか
お店や教室などに問い合わせるべきです。


確認する手間を惜しんでいるようでは、
正しい選択はできません!


直接聞いてみれば、2次情報や3次情報が本当かどうか確認でき、
それは信頼できる1次情報となります。
※3次情報(匿名の情報)は、特に確認が必要です!


例えば、ヨガインストラクター養成講座で
不安に思っていることがあるのなら
2次や3次情報など本当かどうかわからないものに頼らず
直接質問なり疑問をその教室にぶつければいいのです。

そして、直接の回答により判断すればいいのです!

どこの講座、教室でも問い合わせ先は示してあります。

そうした確認する作業をするかどうかが成功の鍵です

ぜひ、疑問や不安があるなら直接聞いてみてください!

超美人ヨガのインストラクター養成講座の問い合わせ先は下記です。
疑問に思うこと、不安に思うことがあれば、直接お気軽にどうぞ!
”思い込みは、選択を誤らせます・・・”
anandayoga@yoga-bijin.jp


<情報の鮮度>
さらに、情報の分類とともに、その情報の鮮度が重要なのは
言うまでもありません。

それは何時(いつ)の情報なのか?

状況は、日々変わっていきます。

昨日の情報は、すでに古くなっています。
ましてや何カ月も前の情報は見る価値があるのか・・・

これも確認するという作業によって解決できますね!


<0次情報>
最後に、1次情報よりもさらに信頼性が高いものを紹介しましょう!
言えば、0次情報です。

それは・・・あなたの直感!

これこそ私たちが持っている素晴らしい能力!
これを使えるかどうか・・・・

成功している人は、これを大いに使い、行動しているのでは!?

(※パソコンやスマートホンなどの文明の機器を使えば使うほど
 直感などの私たち本来が持っている素晴らしい能力は衰えるかも・・・)