パタンジャリ・ヨガスートラ
ヨガ八支則Yama

Asteya

Asteya(アステイヤ)

アステヤとは、直接的な意味としては、盗まないということです。

しかし、ヨガにおけるアステヤというのは、ただ物を盗まないということだけではありません。

人に対して、また物に対しての切望の感情にも気をつけなければなりません。

この世の中で、自分のものなど何もありません。 
すべてが借り物だということを認識しておかなければなりません。

したがって、自分が必要とするものだけを地球から借りて、それ以上のものは望まないという態度が大切です。

自分が必要としている以上のものを手に入れる、また無駄に使うことはアステイヤに反することになります。 それは、地球から盗んでいることと一緒です。

さらに、アステイヤというのを精神的なレベルで考えてみると、他人の所有物や幸せに対しての嫉妬の気持ちも避けなければならないということです。

また、他人から機会を奪うことも避けなければなりません。

私たち、日本人はよく働きますが、必要以上に残業を何時間もして働くことは、他の人の仕事の機会を奪っていることにつながります。

さらに、他の人を助けることにも注意が必要です。

例えば、親が子供の面倒を見ることは当たり前ですが、それが行き過ぎると子供が成長する機会を奪うことにもなりかねません。

失敗することは、決して悪いことではありません。 
それによって、私たちは多くを学ぶことができます。

私たちは、ヨガのアステイヤに従って、他人の権利(失敗するかもしれないことも含めて)を尊重しなければなりません。






<ヨガ哲学TOP>

<ヨガインストラクター養成TOP>

「超美人ヨガ」HOME