パタンジャリヨガスートラ
ヨガ八支則Niyama

Tapas

Tapas(タパス)

タパスとは、苦行のことです。

しかし、これは苦しいことをするといった単純な意味ではありません。 規律や自制といったふうに考えたほうがわかりやすいでしょう。

例えば、朝早くに起きてヨガをやるというのも1つのタパスにあたります。

伝統的なヨガでは、月に2回、新月と満月の3日前に断食が行われます。

断食は、タパスとシャウチャーの良い例です。
このような訓練は、自信と意志力を養成します。

タパスを実践することによって、不純な部分が取り除かれ、特別な力が体と感覚器官に湧いてきます。







ヨガ哲学理論TOP

<ヨガインストラクター養成TOP>

「超美人ヨガ」HOME