ヨガインストラクターになるまで

ヨガインストラクターになるまでには・・・

ヨガインストラクターになるプロセス&方法

ヨガインストラクターになりたい人が増えており、ヨガインストラクター求人もあり、ヨガに関する需要が増えているようです。 一方でヨガインストラクター養成コースを受けて資格は取ったがヨガインストラクターとして活動できていない人も多くいます。

ここでは、単にヨガインストラクターの資格を取るだけでなく、その後ヨガインストラクターとして仕事を得て活動するまでの考え方などを紹介します。

ヨガインストラクターになるまでには様々な方法はありますが、もっとも効率的な方法はヨガインストラクター養成コースを受けることでしょう。 日本だけでなく、世界中で数えきれないくらいのヨガインストラクター養成コースが開催されています。

独学でヨガを学び、ヨガインストラクターになる道もあるのでしょうが、効率的とはいえません。 なぜなら独学だと何を学べばよいかわからないからです。 独学には独学の良いところはありますが、最短距離でヨガインストラクターになることを考えた場合は、少し遠回りになるでしょう。

以下にヨガインストラクターになるまでの流れを考えながら、ヨガインストラクターになるための一般的な方法であるヨガインストラクター養成コースを受ける道を中心にヨガインストラクターになるまでを考えてみましょう。

<超美人ヨガ(AnandaYoga)ヨガインストラクター養成コース>


ヨガインストラクターになるまで


ヨガインストラクターになるまでには、ヨガインストラクター養成コースを受ける方法と、独学でヨガを学ぶ方法があります。 それぞれについて、良い点悪い点を考えてみましょう。

ヨガインストラクターになるまでの道

@ヨガインストラクター養成コースを受講する

A独学でヨガを学ぶ



ヨガインストラクター養成コースを受講する


ヨガインストラクターになるまでに、多くの方が選択する方法が、ヨガインストラクター養成コースを受けることです。 ヨガインストラクター養成コースを受けることの良い点と悪い点を検討します。

<良い点>
・効率的にヨガインストラクターになるための知識・技術を学べる
・同じ志を持つ仲間との出会える
・モチベーションが保ちやすい

<悪い点>
・費用が高い
・日程が決まっている
・どのヨガインストラクター養成コースを受ければ良いかわからない

ヨガインストラクター養成コースを受ける良い点

ヨガインストラクターになるまでに、ヨガインストラクター養成コースを受けるのは一般的な道です。 その最も大きな利点は、ヨガインストラクターとして必要な技術・知識をまとめて学べる点です。 ヨガインストラクター養成コースというのは、ヨガインストラクターになりるため、ヨガを教えるためのコースで、ヨガに関する知識と技術が効率的に学ぶことができます。

ヨガインストラクター養成コースを受ける良い点の第2は、同じ志を持った人たちと切磋琢磨しながら、ヨガを学ぶことができる点です。 一人で学ぶのと違い、同じ目標を持った人たちと一緒に学ぶことで、様々な刺激を受けることができ、学ぶことが広がっていきます。

ヨガインストラクター養成コースをうける3つ目の良い点は、モチベーションが保ちやすいことです。 第2番目とよく似ていますが、養成コースを受けることにより、やるべきことが明確になり、学び続ける動機を高く維持し続けることができます。


ヨガインストラクター養成コースを受ける悪い点

ヨガインストラクター養成コースを受ける悪い点の第一は、受講費用が高い点です。 一般的なヨガ教室に通うだけであれば、月に数千円から数万円でしょう。 しかし、ヨガインストラクター養成コースを受講するには数十万円が必要となります。 もちろん、ヨガインストラクター養成コースでは、一般のヨガ教室に通っているだけでは学べない、ヨガの知識や技術を学ぶことができます。 したがって、一概に費用が高いということができません。 費用に対して得られるものも大きいです。

ヨガインストラクター養成コースを受ける2番目の悪い点は、日程が決まっていることです。 一般のヨガ教室に通う場合は、自分の都合に合わせて、好きな日に、都合の良い日にクラスに参加することができます。 しかし、多くのヨガインストラクター養成コースでは、日程が決まっているので、その日に参加しなければなりません。 したがって、時間的にある程度拘束されることになります。

さらに、全米ヨガアライアンス認定200レベルのコースであれば、学ばなければならない時間数が決まっているので、その時間数は必ず参加しなければ認定を受けることができません。 全米ヨガアライアンス認定を短期でとれるコースはありません。 どのヨガインストラクター養成コースでも、全米ヨガアライアンス認定コースは資格認定を得るには、必ず受講しなければならない時間があるのです。

ヨガインストラクター養成コースを受ける悪い点の最後は、どのヨガインストラクター養成コースを受けたら良いのか、選ぶのが難しいことです。 現在日本中で数多くのヨガインストラクター養成コースが開催されています。 ヨガインストラクターとして活躍するためには、優れたヨガインストラクター養成コースを受けることが非常に大切になります。

レベルの低い、内容の薄いヨガインストラクター養成コースを受けてしまうと、資格認定は得たが実際に教えることができないといったことになってしまいます。

もしヨガインストラクターの資格を取るのが目的であれば、どんなヨガインストラクター養成コースをうけてもそれほど問題はありません。 しかし、資格取得だけでなく、実際にヨガインストラクターとして活躍したいなら、やはりどのヨガインストラクター養成コースを受けるかは非常に内接です。 

ヨガインストラクター養成コースを選ぶ時の大切なポイントを示します。

・少人数(1クラス6名程度)のコースを選ぶ
・全米ヨガアライアンス認定校の中から選ぶ
・本場インドの伝統的なヨガが学べるコースを選ぶ


※失敗しないヨガインストラクター養成コースの選び方は下記ご参照ください。
<失敗しないヨガインストラクター養成選び方>



独学でヨガを学ぶ


ヨガインストラクターになるまでの方法として、独学でヨガを学ぶ道があります。 ヨガインストラクター養成コースを受ける場合と比べて、良い点と悪い点を検討しましょう。

<良い点>
・費用があまりかからない
・自由に学べる
・独自のヨガの開発

<悪い点>
・効率的に学べない
・レベルがわからない
・資格や認定がない


独学で学ぶ良い点

ヨガインストラクターになる方法として独学でヨガを学ぶ道があります。 どういった利点があるでしょうか? まずは費用が比較的低く抑えることができる点があります。 先ほど見てきた通り、ヨガインストラクター養成コースを受けるには、数十万円の費用が必要となります。

独学であれば、例えばヨガの専門書代やヨガ教室に通う費用など、数千円から数万円でしょう。 しかし、これも期間が長くなれば長いほど費用がかさむので、十万円をこえることもあるでしょう。

さらに、日本で本場インドのヨガを学ぶことは非常に難しく、実際にインドへ行くとしたら、回数にもよりますが何十万も必要となるでしょう。 結果として、一見独学は費用が低く抑えられそうですが、そうとも言えないかもしれません。

独学で学ぶ良い点の2番目は、時間に拘束されることなく、自分の都合に合わせて自由に学べる点です。 上記で見てきたように、ヨガインストラクター養成コースは日程が決まっているので、その日のその時間に決められた場所に行かなければなりません。 拘束される時間が長いのです。 その点独学であれば、自分の都合に合わせて学ぶことができます。

独学で学ぶことの良い点の最後は、独自のヨガを開発することができる点です。 これは独学することによって全員が到達できるわけではありません。 しかし、独自で学ぶことを続けることで、一般的に行われているヨガとは違った、オリジナルのヨガを作ることも可能です。

ヨガインストアクター養成コースを受けると効率的に学ぶことはできますが、そのコースに参加している人が同じことを学ぶので、オリジナリティを発揮するのが難しくなります。 1クラス10名以上の大量ヨガインストラクター養成コースでは、同じスキルをもった人が大量にヨガインストラクターの世界に生まれます。 そのような大量養成コースを受けてしまうと、マニュアル的なヨガしか教えられずヨガインストラクターの世界で生き残るのは難しいでしょう。 ヨインストラクターとして活躍するには、ある程度のオリジナリティは必要です。


独自で学ぶ悪い点

ヨガインストラクターになるまでに、独学でヨガを学ぶとするとかなり遠回りになるかもしれません。 独学でヨガを学ぶことはできるにしても、では何を学べばよいのでしょうか? ヨガというのは、非常に大きな体系よりなる科学です。

例えば、あなたがある大学に合格するために受験勉強を始めるとします。 さて、何から始めますか? 受験勉強の場合は、大きな書店に行けばその大学の過去問や傾向と対策といった本があり、まだ独学でもなんとかなりそうです。 ではヨガを学ぶ場合はどうでしょう。。。

大きな書店に行っても、ヨガに関する本はそれほど多くはありません。 またヨガインストラクターにあるための傾向と対策といった本もありません。 結果として、独学でヨガを学ぶのは、地図も羅針盤もなく太平洋を一人で横断しようとするようなもので、とても困難なものなのです。

さらに、2つ目としてヨガをどれだけ学べばヨガインストラクターとしてのレベルに到達できるのか、その基準が独学ではわかりません。 1年学べばよいのか、10年学んでもまだ足りないのか・・・・独学だと自分がどの程度のレベルにいるのかがわからないのです。

最後に、独学で十分にヨガを学ぶことができ、ヨガインストラクターとしてのレベルに達したとしても、ヨガインストラクターとしての資格を得ることはできません。 ヨガインストラクターとしてのレベルに達したとしても、独学だとそれを証明することが難しいのです。

もちろん資格があれば誰でもヨガインストラクターになれるわけではありません。 ただし、ある種の証明にはなります。 いくら自分で優れたヨガインストラクターだと主張しても、それを理解してくれる人は少ないでしょう。 ヨガインストラクターの資格はそれだけでは十分ではありませんが、必要なものでしょう。

現在もっともポピュラーなヨガインストラクターの資格は、全米ヨガアライアンス認定です。 ただし、これは全米ヨガアライアンス認定校で既定のクラスに参加すればだれでも取得できるもので、この資格を持っているからと言ってほかの人より優位性があるかといえば全くそうではありません。 持ってて当たり前の資格です。

学校によっては、HPなどで全米ヨガアライアンス100%合格保証をうたっているところもありますが、全米ヨガアライアンス認定校であれば、別に100%合格保証としなくでも、だれでも全米ヨガアライアンス認定を取得することはできます。 なぜなら全米ヨガアライアンス認定を決めるのは、全米ヨガアライアンスではなく、ヨガインストラクター養成コースを開催している全米ヨガアライアンス認定校だからです。



ヨガインストラクターになるまで まとめ


ヨガインストラクターになるまでには、ヨガインストラクター養成コースを受けることがもっとも効率がよく、近道でしょう。 そして、ただ単にヨガインストラクターの資格と取得するだけでなく、本当にヨガインストラクターになり、ヨガインストラクターとして活躍するには、どこのヨガインストラクター養成コースを受講するかが最も大切になります。

まずは、全米ヨガアライアンス認定校の中で、内容が充実しており、1クラス10名以上募集のの大量ヨガインストラクター養成コースは避けて、少人数(1クラス6名程度)でしっかり学べる養成コースを選びましょう!

少人数(1クラス6名程度)のヨガインストラクター養成コースで、本場インドの伝統的なヨガをしっかり学べば、ヨガ経験が少ない方や、未経験の方でも、卒業後比較的早くヨガインストラクターになることができるでしょう!


ヨガインストラクターに関して宜しければ下記もお読みください。

<ヨガインストラクターなるには>

<失敗しないヨガインストラクター養成資格の選び方>



<ヨガインストラクター養成資格TOP>

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」HOME