ヨガインストラクターになるには|超美人ヨガ(AnandaYoga)

ヨガインストラクターになるには

ヨガインストラクターになるには・・・

ヨガインストラクター求人も増えており、ヨガインストラクターになりたいというかたが多くなっています。 私ども「超美人ヨガ(AnandaYoga)」へも、ヨガインストラクター求人への応募、またヨガインストラクターになりたいが・・・という問い合わせがあります。

では、ヨガインストラクタになるには、どうすればよいのでしょうか?


ヨガインストラクターになるには?

多くのかたが誤解されているかもしれませんが、ヨガのインストラクターになるには特別な資格は必要ありません。 資格が無くてもヨガインストラクターになることは可能です。

極端に言えば、すこしヨガ教室に通って、「今日から私はヨガのインストラクターです」といってもかまいません。 誰でもヨガインストラクターになることができます。 しかし、ヨガの知識や技術を学んでいなければ、ヨガインストラクターになったとしても、実際には教えることができません。

ヨガインストラクターになるには、まずはヨガに関する知識や技術を学ぶ必要があります。 では、どうすればそれらヨガインストラクターとして必要な知識、技術を得ることができるでしょうか?


ヨガインストラクター養成コースを受ける

ヨガインストラクターになるのに必要なものは、一般のヨガ教室やヨガスタジオに通っているだけでは、残念ながら身につけることができません。  なぜなら、ヨガを自分でやるのと、ヨガインストラクターとして生徒の方にヨガを教えるのとでは、必要なスキルが違うからです。

ヨガインストラクターになるには特定の資格は必要ありません。 しかし、しっかり学べるヨガインストラクター養成コースに参加し、ヨガインストラクターになるために必要な知識技術など、スキルを習得することがで重要でです。 そして、それが近道です。

そうすると、ヨガインストラクターになるには、どのヨガインストラクター養成コースを受講するか? その選びかたがもっとも重要になります。 ここで、失敗しないよう、後悔しないように注意しましょう。


ヨガインストラクター養成コースの選び方

ヨガインストラクターになるためには、どのヨガインストラクター養成コースを受講すればよいかを選ぶことが重要だとわかりました。 では、どのようにヨガインストラクター養成コースを選べばよいのでしょうか?

様々なポイントはありますが、必ず押さえないといけないのは、下記2つです。

@ 少人数(1クラス6名程度)の講座を選ぶ!

A インド伝統のヨガが学べる講座を選ぶ!

まず、この2つを基準として、数多くあるヨガインストラクター養成コースをふるいにかけてください。 この2つの基準だけでも、かなり絞れるのではないでしょうか。 そして、最後はその中から自分自身の好みに合うものを1つ決めてください。 最初に何の基準も持たずに選んでしまうと、失敗することになります。 

また全米ヨガアライアンスの認定校で全米ヨガアライアンスにヨガインストラクターとして登録ができる養成コースであれば、学べる内容や時間数について、ある程度は安心できます。 考え方としては、全米ヨガアライアンス認定校の中で、上記2つに当てはまるヨガインストラクター養成コースを選べば間違いないでしょう!

下記リンクでは、失敗しないヨガインストラクター養成コースの選び方が、詳しく書かれています。 よろしければ参考に読んでみてください。

<失敗しないヨガインストラクター養成”資格取得”の選び方>


◆少人数(1クラス6名程度)の講座を選ぶ!

ヨガインストラクターになるために、非常に重要なヨガインストラクター養成コースの選び方のポイントの1つは、少人数の養成コースを選ぶことです。 ではなぜ少人数の養成コースを選ばないといけないのでしょうか?

簡単に言えば、少人数(1クラス6名程度)だと、しっかり学べるからです!

例えば、1クラス6名の養成コースと1クラス20名の養成コースで同じ内容を学ぶとして、どちらがしっかり学べるでしょうか? どちらがヨガの知識技術が身につくでしょうか? 1クラス6名の少人数制コースのほうが明らかにしっかり学べ、ヨガインストラクターになるためのスキルが習得できます。

6名と10名の場合はどうでしょう? 10名でもやはり多すぎます。 なぜなら一人の先生が、ひとりひとりの生徒の方が本当に理解しているかどうかを確認しながらクラスを進めるには、6名程度でないと全員に目がい行き届きません。 全員の生徒がしっかり学んでいるのを確認しながら授業を進められるのが1クラス6名程度なのです。 10名以上だと、全員がしっかり学びヨガインストラクターになるために必要なスキルを身につけることができません。

1クラス10名以上の大量ヨガインストラクター養成スクールを選ぶと、資格はとれるかもしれませんが、しっかり学ぶことができずヨガインストラクターとして活躍するのは難しいでしょう。 ヨガインストラクターになるためには、1クラス6名程度のヨガインストラクター養成コースを選ぶ!

<少人数(1クラス6名)と大人数(1クラス10名以上)の違い!>


◆インド伝統のヨガが学べる講座を選ぶ!

ヨガインストラクターになるために、重要なヨガインストラクター養成コースの選び方のポイントの2つ目は、インド伝統のヨガが学べる養成コースを選ぶことです。 ではなぜヨガインストラクターになるために、インド伝統のヨガを学ばないといけないのでしょう?

ヨガインストラクターとは、ヨガを教える人のことを言います。 そしてそのヨガとは何でしょうか? 多くの方が”ヨガ=ポーズ”と思っているようですが、それは間違いです。 アーサナと呼ばれるポーズはヨガ全体のほんの一部分なのです。 

現在多くの方がヨガとは様々なポーズをすることだと思われているようですが、これは非常に残念なことです。 ヨガインストラクターとしてクラスを担当している人でも、本当のヨガとは何かをよく理解せず、ただポーズを教えているだけなのかもしれません。 様々なヨガのスクールや教室があり、多くのヨガクラスが行われていますが、本当のヨガを実践しているのはほんの少しかもしれません。

ヨガの様々なポーズを教えることは問題ありません。 しかし、本当のヨガとは何かを知ったうえでポーズを教えるのと、何も知らずに教えるのとでは天と地ほど違うのです。

ヨガ教室に通う生徒さんの立場であれば、ヨガとは何なのかといったことを特に知る必要はありません。 ヨガをすると気持ちがいいからとか、健康に良さそうだからなど、個人個人の考えでヨガを行うのは全く問題ありません。

しかし、ヨガインストラクターとしてヨガを教える立場では、ヨガとはそもそも何なのかを理解しなければなりません。 ヨガの本質を理解したうえでアーサナ(ポーズ)を教えるのと、それを理解せずに教えるのとでは同じポーズを教えるのでも大きく違ってきます。 そのヨガインストラクターの教え方を見れば、その人が本物のヨガインストラクターなのか、そうでなく単にポーズを教えているポーズインストラクターなのかがわかってしまいます。

ヨガとは何なのかを理解するには、エクササイズ的ストレッチヨガではなく、インド伝統のヨガを学ばなければなりません!

・単にポーズを教えるポーズインストラクターになるのか?
本物のヨガを教えるヨガインストラクターになるのか?

ポーズインストラクターではなく本物のヨガインストラクターになるには、インド伝統のヨガが学べるヨガインストラクター養成コースを選びましょう!

少人数(1クラス6名)でしっかりインド伝統のヨガが学べる”
<「超美人ヨガ(AnandaYoga)」インストラクター養成>


ヨガインストラクター養成終了後・・・

ヨガインストラクター養成コースが終了すれば、すぐにヨガインストラクターとして活躍することができるでしょうか?

これはお一人お一人状況が違うので一概には言えません。 「それは、あなた次第!」といった言い方になってしまいます。 しかし、少人数(1クラス6名)でしっかりとインド伝統のヨガを学べば、卒業後すぐにでもヨガインストラクターになり、生徒の方に喜んでもらえるようなヨガの指導ができるでしょう。

ヨガインストラクター養成コース終了後、すぐに指導することができるかたもいらっしゃいます。 しかし一般的には、終了後はヨガインストラクターへの新たなスタートと考えたほうがよいでしょう。 

あなたはヨガインストラクターの資格をとるのが目的ですか? それともヨガインストラクターになり、ヨガを教えるのが目的ですか? もし単に資格を取るだけでなく、ヨガインストラクターとして活躍することが目的なら、ヨガインストラクターになることをあまり焦らないでください。 しっかりとヨガの知識技術が身につかずにヨガインストラクターになってしまうと、生徒さんも集まらないし、長く続けることができません。

ヨガインストラクターに限らず、他の分野の仕事でもそうですが、実力がなければ続けていくことはできません。 ヨガインストラクター養成コース終了後は、しっかりと学んだものを自分のものとし実力を養っていくことを考えたほうがよいでしょう。

実力について、ヨガに関する知識やスキルのみならず、教える技術が大切です。 知っているのと、それを教えることができるのでは大きな違いがあります。 ”ヨガのいろんなポーズができても、それを教えることができるか?”

教える機会があればどんどん教えてください。 ご家族や友人知人などに教えても良いですし、ボランティアで行ってもいいでしょう。 実際に教えてみることで多くを学ぶことができます。 まさに実践的学びです。 これ以上に素晴らしい実力養成の方法はありません。

実践的な実力を養成するという点でも、少人数(1クラス6名)のヨガインストラクター養成コースを選ぶ意味があります。
「超美人ヨガ(AnandaYoga)インストラクター養成コースでは、1クラス6名限定で講座を開催しており、最後にお一人お一人がヨガクラスを実際に教える機会があります。 

ただそうした機会があるだけでなく、代表Upkarからヨガインストラクターになるため、ヨガインストラクターとして活躍するための個別アドバイス(個別指導)があります。 これによりヨガインストラクターになるために、卒業後どのようなヨガトレーニングを続けていけばよいかがわかります。 これはヨガインストラクターとして活躍するのに非常に大切なことです。


教えるということ・・・

あなたは今までに、人に何かを教えたことがありますか? 教えることが好きですか? ヨガが好きという以上に、これは大切なことです。

あなたは、どんな人からヨガを教えてもらいたいですか? あなたは、そのような人になっていますか? あなたが「こんな人からヨガを教えて欲しい」というヨガ指導者の理想像を考えてみてください。 そして、それに近づけるように日々実践していかれてはいかがでしょうか。

ヨガインストラクターになるには、あなた次第です! 自分自身をコントロールし訓練を続けていけば必ず目標は達成できます! ヨガインストラクター養成コースでは山の頂上へと登っていく道順を教えてくれます。 しかし実際に登っていくのはあなた自身しかありません。

ヨガインストラクターになるために:

  • 少人数(1クラス6名程度)のヨガインストラクター養成コースを受講する!
  • インド伝統のヨガを学ぶ!
  • 教える技術を磨く!
  • 自分を信じる!

ヨガインストラクター関連記事

<ヨガインストラクターになるまで>

<失敗しないヨガインストラクター養成資格選び方>


少人数(1クラス6名)でしっかりインド伝統のヨガが学べる”
<ヨガインストラクター養成資格TOP>

”King of Yoga(ヨガの王道)”
ここでしか学べないヨガ(Yoga)がある!


「超美人ヨガ(AnandaYoga)HOME」