”Registered Yoga Professional200”
ヨガプロフェッショナル認定200


ヨガプロフェッショナル認定200について

AnandaYogaでは、YTT100とYTT200のヨガインストラクター養成講座を開催しています。 
YTT200は全米ヨガアライアンス認定講座であり、YTT200を終了し所定の要件を満たせば、全米ヨガアライアンスへ登録が可能となります。

AnandaYogaでは全米ヨガアライアンス認定とは別に、独自のヨガプロフェッショナル認定を行っております。 

全米ヨガアライアンス認定はそれほど難しいものではなく、全米ヨガアライアンス認定校が開催するヨガインストラクター養成コースに参加すれば比較的簡単に手にすることができます。 日本でもその認定者はすでに数多くいます。 

しかし、プロフェッショナル認定は全米ヨガアライアンス認定者の中で、YTT200の成績が優秀で、ヨガ指導経験が50時間以上の方だけに与えられるもので、より貴重なものとなります。

RYP200認定条件:
@YTT200を完了している方
AYTT100と200で優秀な成績の方(実技&筆記テスト結果、エッセイ内容&発表、クラスへの貢献、クラス参加状況、など)
B50時間以上の指導経験がある方
 ※50時間以上の指導経験がない方は、それに達した後に申請できます。

※@とAの条件を満たしている方へは、YTT200終了後にRYP200申請のための案内が届きます。 登録したい方は、それに従い申請してください。 条件に満たしていることが確認された後、RYP200ロゴとともに認定完了のメールが送られます。

RYP200認定されると・・・
@RYP200認定ロゴ(下記)が使えるようになります。
A全米ヨガアライアンス認定よりワンランク上位の資格認定者として活動できます。
BAnandaYogaRYPメンバーとしての特典が与えられます。
 −YTT350への優先参加が可能です。
 −メンバー限定のヨガ勉強会やPartyに参加できます(継続学習と他のメンバーとの切磋琢磨)。
 −AnandaYogaのホームページと相互リンクができ、Googleなどでの検索順位がアップが可能です。
 −AnandaYogaで本来のヨガが指導できるインストラクターとして紹介いたします(希望者)。
 −AnandaYogaの会員として、更新などが不要となります。
  ※通常は年1回以上の実践クラスへの参加がないと失効します。



RYP200(Registered Yoga Professional200)認定ロゴ
※ヨガプロフェッショナルとして活動ができます。
※すでに数多くいるヨガインストラクターとの差別化ができます。
※全米ヨガアライアンスRYT200より、上級の認定ロゴとなります。
※登録料や更新料など一切必要ありません。

<ヨガプロフェッショナル養成講座について>