全米ヨガアライアンス利点

全米ヨガアライアンスの公式ホームページに掲載してあるFAQの中から、全米ヨガアライアンスに登録されることの利点を抜粋しました。 ご参照ください。

全米ヨガアライアンス認定取得の利点

全米ヨガアライアンス認定を取得すると・・・

・RYT(Registered Yoga Teacher)全米ヨガアライアンス認定は、あなたのヨガの専門家としての信頼度を高めます。


・全米ヨガアライアンスは比較的一般でも広まってきており、その認定を受けることで、ヨガに関しての専門家であることの1つの証明となるでしょう。


・あなたの名前の後にRYTの印(ロゴマーク)をつけることができます。 宣伝効果が期待できます。

※例えば、個人でヨガ教室を開く場合、自分の名前の後にRYTといれることができます。 RYTのマークにより、ヨガの専門家としての宣伝効果を期待するものです。


・全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクターと名乗ることができます。

※どのかの聞いたことのない認定ではなく、”全米ヨガアライアンス”という、ヨガでは唯一国際的に認められている認定により、あなたのインストラクターとしての信頼度が高くなりるでしょう。


・あなたの情報が全米ヨガアライアンスのホームページに掲載されます。 ヨガを教えてもらいたい人やヨガ指導者を探しているところから連絡があるかもしれません。。

※日本では、全米ヨガアライアンスのホームページを見ているひとは少ないので(英語なので)これはあまり役には立たないでしょう。


・全米ヨガアライアンスより、ヨガに関する各種情報が送られてきます(すべて英語)。


<まとめ> 以上、全米ヨガアライアンス認定の利点を見てきましたが、日本人にとってはそれほど魅力的な利点は多くありません。

全米ヨガアライアンスを取得する利点は、認定や資格それ自体よりも、全米ヨガアライアンス認定校のヨガインストラクター養成講座を通して学んだ知識や技術、そしてそれらから得られる自信などです。 そしてそれらが大きな財産となり、ヨガインストラクターとして活躍することを可能にしてくれます。

その為にも、数多くある全米ヨガアライアンス認定校の養成講座のなかでもしっかり学べ、実際に指導できるヨガインストラクター養成講座を選ぶことが大切です。

(参照: 失敗しないヨガインストラクター養成選び方


全米ヨガアライアンス認定校である「超美人ヨガ(AnandaYoga)」のヨガインストラクター養成講座は、参加いただいた方全員が、本来のヨガKing of Yoga(ヨガの王道)”しっかりと”学んでいただけるように少人数1クラス6名限定で行っております。

定員が10名以上の大量養成校とは、その学びの濃さ深さが違います。


<全米ヨガアライアンスTOP>

<AnandaYogaヨガインストラクター養成TOP>