「超美人ヨガ(AnandaYoga)」
ヨガインストラクター養成









ヨガインストラクターへの近道 
 

ヨガインストラクターへの近道

ここでは、ヨガインストラクター養成コースを終了後、出来るだけ早くヨガインストラクターになるためにはどうしたらよいかを考えます。


ヨガインストラクター養成後、できるだけ早く・・・

皆さんすでご存知のとおり、ヨガインストラクター養成コースというのは非常にたくさんあります。 しかし、その一方でヨガインストラクターを募集しているところは・・・あまり多くありません。 これは、これからヨガインストラクターになりたい人にとって重要な点です。

”養成コースは修了したが・・・教えるところが無い!”

ヨガインストラクターへの需要と供給のバランスが一致していないのです。 毎年毎年ヨガインストラクターの認定や資格をもったひとはどんどんでてきますが、それを受け入れる教室や学校があまりありません。 こうして考えると、ヨガインストラクターとしての近道は無いのかもしれません。。。

結論から申し上げると、ヨガインストラクターとして教えるにはあなたが受講した養成講座で教えることが最も近道といえます。 「超美人ヨガ」へもヨガインストラクターになりたいとの応募がありますが、他の養成コースを修了した人は、たとえ全米ヨガアライアンスなどの資格であったとしても「超美人ヨガ」のクラスを教えることはできません。

したがって、ヨガインストラクターへの近道として「その学校がヨガインストラクターを募集しているかどうか」が1つのポイントになります。 あなたが、受けようとしているヨガインストラクター養成コースの学校自体がヨガインストラクターを募集していないのであれば、そのコースを修了してもヨガインストラクターとして活躍するには遠回りになるかもしれません。


こんな養成コースは・・・

ヨガインストラクターとして、できるだけ早く教え始めたいと考えている人にとって、下記学校は避けたほうがよいかもしれません。

@そのヨガインストラクター養成コースをすでに多くの人が卒業している。 そのヨガインストラクター養成コースでは、毎年多くの人が卒業している。 このパターンは、同じ事を学んだ方がすでにたくさんおり、さらに今後も増えていくということで、これからあなたがその養成コースを取ったとして果たして、すでに修了している多くのかたと、どのように違いを出していくのかが非常にむずかしいでしょう。 他の方と差別化できる何らかの技術や経験がなければ、多くの中の一人として埋没してしまうでしょう。

Aヨガインストラクターは養成しているが、募集はしていない。 海外での養成や、ヨガとは異業種から参入している養成コースに多いパターン。 養成はするが、募集はしていない・・・では、どうすればいいのか?

B海外でのヨガインストラクター養成コース
海外でのヨガインストラクター養成コースも多くありますが、海外ということだけで選ぶのは非常に危険。 ヨガを学びたいのか? 海外旅行をしたいのか? はっきりすべき! 「二頭を追うもの1頭も得ず」海外のものは、募集もしていないので、認定を受けたはいいが・・・さらに、通訳はつくといっても、ヨガ哲学など、日本語で学ぶのも難しいものを果たして英語で学べるか?


自分でヨガクラスを!

ヨガインストラクターを目指すものとして、嬉しい点としては、ヨガに興味を持っている方が非常に多いという点です。 するとどこかの教室で教える以外に、自分で教室をやるといことが考えられます。 そのために大切なのが、単に資格を取るだけでなく、しっかり学ぶことができ、実際に使えるヨガの養成講座を見つけることです。 

超美人ヨガの卒業生でもどこかの教室で教えるのではなく、、自分で教えている方が多くいます。 その場合のポイントとしては、地域密着型です。 あまり幅広くやるのではなく、自分が良く知っている場所で、そこに住んでいる方を対象とした教室をすれば比較的うまくいくでしょう。 卒業生でもそのようにやっているかたが多いです。

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」のヨガインストラクター養成コースは、卒業後でもすぐに指導できるように非常に実践的な内容となっています。 その1つとしては、アーサナではパワンムクタアーサナシリーズという、まだ日本で行っている人は少ないようですが、比較的だれでも簡単にでき、「ヨガとはどういうものなのか?」 「アーサナ(ポーズ)というのはどういうものなのか?」がわかるようにできています。 さらに、若い人だけでなく、、シニアや高齢者の方への指導にも使えるので、非常に応用範囲が広いのです。 

このパワンムクタアーサナシリーズをしっかり学ぶことで、初級クラスであれば、ヨガ経験がそれほどなくてもヨガのクラスを指導できます。 さらに、「超美人ヨガ(AnandaYoga)」では、少人数制(6〜8名限定)によりしっかり学べるだけでなく、実技テストでは、代表のウプカルからお一人お一人に(個別に)アドバイスが贈られます


結局は・・・

以上、ヨガインストラクターとして出来るだけ早く教え始めるという点で検討してきましたが、結局は、実力の世界であり、本人次第の部分があります。 本人の能力・行動次第で、すぐにでもヨガインストラクターとして活躍することも可能でしょう。 そのためには、まずはしっかり学べるヨガインストラクター養成講座を選択することが重要です!<失敗しないヨガインストラクター養成・選び方>


クリシュナは、言っています。 

「果報を求めるな!」

結果を求めてはいけないのです。 ヨガが好きで、日々ヨガを実践し、より深く学んでいく、 そして結果として教える立場になっている。 こうした流れが、自然にできていきます!!

<失敗しないヨガインストラクター養成の選び方> 

<ヨガインストラクターとして活躍する!>


<ヨガインストラクター養成TOP>