”マインドフルネス”


マインドフルネスについて

マインドフルネスとは?

最近ときどき聞く言葉で、マインドフルネスがあります。 
日本ではまだ一般的ではないようですが、それに関する書籍がいくつか出版されています。 欧米のほうが日本より進んでいるようです。 ある本では、アップルの創始者であるスティーヴ・ジョブズをマインドフルネスの実践者として紹介しています。

マインドフルネスという言葉からすると、マインド(心)に関するものだということは、すぐに想像できます。 
少し調べてみるとわかりますが、マインドフルネスという言葉は新しいものですが、その意味や内容は昔からあったものです。 

それは、実践面でいえば、瞑想のことです。 そして、その内容としては、今に集中すること、また気づきです。


ヨガとマインドフルネス

マインドフルネスといっても、ヨガ(Yoga)と何も変わることはありません。  ヨガを日々実践している人は、自然にマインドフルネスワークをやっていることになります。 しかし、ここでいうヨガとはポーズ中心のエクササイズ的な、またストレッチ的なヨガではなく、心を中心とした本来のヨガ(King of Yoga:ヨガの王道)のことです。 残念ながら、一生懸命ポーズを頑張っている人は、マインドフルネスとはほとんど関係ありません。

本来のヨガでも、最も重要視するのは、アーサナ(様々な姿勢)ではなく、瞑想(メディテーション)です。 さらに、ヨガの哲学を学ぶと理解できますが、今というときに意識的であることが重要視されます。 但し、マインドフルネスは、ヨガの瞑想よりもブッダの瞑想に近いです。 


AnandaYogaとマインドフルネス

AnandaYogaのヨガインストラクター養成講座では、心を中心とした本来のヨガ(King of Yoga:ヨガの王道)を学びます。 AnandaYogaでは、マインドフルネスという言葉を使ってはいませんが、「意識的であること」、「気づき」の重要性について、ヨガの本質として、様々な例を使いながら、その理解を深めていきます。

AnandaYogaで学ぶことは、言えばマインドフルネスの考えと違うことはありません。 さらに、マインドフルネス以上に、より広く深く学ぶことになります。 したがって、AnandaYogaのヨガインストラクター養成講座を修了することで、マインドフルネスについても理解でき、さらにその指導も可能となるでしょう!


マインドフルネス・ヨガ

マインドフルネスの実践としては、瞑想(メディテーション)を行いますが、それは非常に難しいものです。 AnandaYogaでは、いきなり瞑想を行うのではなく、その準備が大切であると考えます。 

瞑想の前に、身体を使うアーサナ(様々なポーズ)、そして呼吸を使うプラナヤマ(調気)の訓練をすべきでしょう。 そうすることで、瞑想の効果を十分に得ることができます。 急がば回れ! 

AnandaYogaでは、アーサナ、プラナヤマ、瞑想(メディテーション)とヨガを統合して行っています。 AnandaYogaで行っているのは、統合されたインテグラル・ヨガであり、マインドフルネス・ヨガです。