AnandaYogaヨガインストラクター養成YTT200
全米ヨガアライアンス認定東京/大阪/名古屋/福岡














AnandaYogaヨガインストラクター養成
”全米ヨガアライアンス認定”
YTT200受講について

YTT200 受講について

ヨガインストラクター養成YTT200はYTT100修了者限定の講座です。 
YTT100を受講し、一定の基準を満たした方が参加できます。 YTT100だけでも1つの完結した講座ですが、ヨガの全体を理解し、指導するという点ではYTT200まで受講することをお勧めしています。 
YTT200はYTT100の続きとなりますが、全く違った学びが多くあります。


YTT100とYTT200

<YTT100>
YTT100では心(こころ)を中心としたヨガ、パタンジャリのヨガを学んできました。 ヨガの歴史全体を考えたとき、様々な思想哲学がある中、やはりパタンジャリの教えというのは、すべてのヨガの中心です。 それは、ヨガを指導するものはもちろん、すべてのヨガ実践者が学ぶべき最も重要なものです。

そして、パタンジャリの教えの中心が心(こころ)なのです。 心(こころ)とは何なのかが理解できなければパタンジャリの教えも十分には理解できません。 したがって、YTT100では、ヨガの中で最も重要なパタンジャリの教えを学びます。 そのために心(こころ)とは何なのかを様々な角度から検討します。

参照: 心がわからなければヨガ(Yoga)はわからない!

<YTT200>
ヨガを指導する時、またヨガを実践するとき、YTT100で学ぶパタンジャリの教えだけで十分かと言えば、疑問がでてきます。 特に、今日のヨガを考えたとき、パタンジャリの教え(Raja Yoga)とともに大切なのがHatha Yogaです。 

なぜHatha Yogaを学ぶことが大事なのかの詳細は省略しますが(YTT100とYTT200で学びます)、現在行われているヨガ、また今日私たちが求めるヨガを考えたとき、RajaとともにHathaを学ぶ重要性はますます高まっています。 Raja YogaとHath Yogaはヨガの両輪となります。

ただし、Hatha Yogaだけ学んでいては、本来のヨガはわからなくなってしまいます。 順番としては、ヨガにおいて最も重要なパタンジャリの教え(心を中心としたヨガ)を学び(YTT100)、Hatha Yogaを学ぶ(YTT200)ことでヨガの全体像が理解できるようになります。 

YTT100とYTT200を修了することで、初級だけでなく経験者へのヨガ指導の道が開けてきます。 また実践者としてもヨギーニ(超美人)として、高いレベルへと進んでいくことができます。

<YTT200講座内容>


<座学>
YTT100とYTT200について、座学の部分での大きな違いは、YTT100では心を中心として学んでいきますが、YTT200では、心というより、プラーナが主題となります。 プラーナに関連する項目がたくさん出てきます。 例えば、皆さんが聞いたこがあるものとして、チャクラをしっかり学ぶことになります。 

チャクラについては、その名称や場所だけでなく、それぞれのチャクラに対応するマントラやその性質特徴、さらに内分泌系との関連を学びます。 チャクラをただ知っているだけでなく、十分な知識を身に付けるとともに、実際にクラスでどう生かしていくのかまでトータルで学んでいきます。 実技面とも合わせて統合的に学びます。 


<実技>
実技の項目では、100で学んだ基礎的なアーサナから、一歩進んで背骨をダイナミックに動かしていくアーサナグループを習得していきます。 難易度が高くなりますが、難しいものでも無理なくできる方法を含めて、1つのアーサナを様々なレベルで経験します。 そして、100ではそれほど多くなかった、サポートやアジャストが入ります。

さらに、200ではアーサナだけでなく、Hatha Yogaとして最も重要な技術であるプラナヤマを学びます。 プラナヤマとは何か、プラナヤマで最も重要なことなどの知識面、そして、実技として、準備的なものから始め、様々なプラナヤマを習得します。 

一般的には、アーサナがヨガの技術として広まっており、アーサナがヨガであると思っている人も多いようですが、実はそれはただ単なる準備です。 プラナヤマを習得することで、本当の意味でのヨガを経験することができ、さらに指導の幅が広がっていきます。


目指せ! ヨガプロフェッショナル200
全米ヨガアライアンスRYT200より上位の資格認定!



   <ヨガプロフェッショナル200について>

<YTT200講座内容>

<ヨガインストラクター養成TOP>