アーサナとエクササイズの違い

ヨガ・アーサナとエクササイズ

ヨガのアーサナは、エクササイズの1種と考えれられることもあるようです。 
しかし、アーサナはエクササイズではありません。 

ヨガアーサナは、意識を拡大し、リラックスし、そして集中力を養う肉体的な技術ということができます。 さらに、それはプラーナの流れを良くしたり、内臓を刺激しマッサージすることで健康的な体を作り上げます。

ヨガアーサナとエクササイズの違い
アーサナを行ったときには呼吸と代謝速度がゆっくりになり、酸素の消費と体温が低くなります。 一方で、エクササイズでは、呼吸と代謝速度が上がり、酸素の消費が大きくなり、そして体温が上がります。

ヨガのポーズは、代謝(異化)を弱める傾向があり、エクササイズは代謝を促進します。 代謝が進むということは良いことのように感じるかもしれませんが、それは老化が進むとも考えられます。 若いときは成長だったものが、大人になってからは老化となります。  もし人間を冷凍保存したとしたら代謝は起こりません、したがって何年でもその状態のままでしょう。 月日が過ぎても若いままです。

ヨガとエクササイズの大きな違いは、ヨガが代謝を抑制する(若さを保つ)のに対して、エクササイズは代謝を促進する(老化する)方向へ進むということです。 最近エクササイズ的なヨガが増えてきていますが、それは本来のヨガから遠ざかっているようです。

さらに、ヨガのアーサナは体の腺や内臓に特別な効果があり、神経系においては電気化学反応をかえるように設計されています。


ヨガと名前がついているヨガ教室やヨガスタジオなどで、
アーサナをしっかり指導しているかどうかはわかりません。 ヨガと名前がついているからヨガを学べるかというと、残念ながらそうではありません。 実際には、ヨガをやっているつもりで、実は単なるポーズをやっているだけということも・・・

      「ヨガとは何か? ヨガにおけるアーサナの意義は?」

それらを理解しているヨガインストラクターはどれだけいるでしょうか?
それがわかっていなければ、ヨガではなく単なるポーズ!
ヨガインストラクターではなく、単なるポーズインストラクターです。

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」のヨガインストラクター養成講座では、
最初に「ヨガとは何か?」「アーサナとは何か?」をしっかり理解していきます。

ポーズのインストラクターではなく、ヨガインストラクターを養成します。

<ヨガインストラクター養成HOME>

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」HOME